低温やけどの水ぶくれは潰してもいい?


ついうっかり低温やけどをしてしまったという人は多くいると思います。
特に低温やけどができやすいのは湯たんぽなのですが、
この時に水ぶくれが出来てしまったという経験がある人も多いと思いますが、
もし低温やけどで水ぶくれが出来てしまった時はどんな対処の仕方をすればいいのでしょうか?

低温やけどで水ぶくれができるというのは少しばかり症状が重いものになるようです。
もしまだ潰したり潰れてしまっていないのでしたら
そのまま潰さないようにしてください。

放置しておくと黒くなったりして硬くなってくるので
その時に剥がす、もしくは勝手に剥がれるようになります。
水ぶくれは潰してしまうとそこから雑菌が入り込み
膿が出てしまったりするので絶対に潰したり剥がしたりしないようにしてください。

スポンサードリンク

また、何かの薬を塗った方がいいのではないかと思うこともあるかもしれませんが、
水ぶくれは乾燥させた方がいいそうなので何も塗らずに
ガーゼで保護したりして硬くなるまで待つようにしましょう。

もしそのままでいるのが不安なのであれば皮膚科に行って今の状態を見てもらい、
適切な治療を受けるようにしましょう。

小さいのであればわざと潰して絆創膏を貼っておくというのもいいかもしれません。
ですが、ある程度大きかったり不安だったりするのであれば
余計なことはしない方がいいですよ。



posted by 暖房 at | 冬は低温やけどに注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。