蓄熱暖房機のデメリットを良く理解しよう


蓄熱暖房を使おうと思っている人も中にはいるでしょう。
灯油などを燃焼させて使うものではないのでいつでもクリーンですし、
小さいなお子さんがいても安心して使えるから
より安全に使うために蓄熱暖房機を買おうとしている人もいます。

しかし、中にはデメリットになる所もありますのでそういった所も
きちんと理解してから購入するようにしてくださいね。

蓄熱暖房機のデメリットは、蓄熱暖房のタイプによって
細かく制御することができなくなったりすることがあります。
なので夜は良いかもしれませんが、昼間は少々熱く感じることもあるようです。

スポンサードリンク

この他にも蓄熱暖房機は重量があります。
一つ100kg程度あるので床下の耐久力が無いとその場にずっと置いておくことができないかもしれません。
不安であれば補強をする必要があります。

また、床置きタイプの蓄熱暖房機は幅を取るので置き場所をしっかりと考える必要があります。
良い加減に置くと邪魔になったり他に物を置くことができなくなってしまうこともあります。
ですので購入を考えているのでしたら
まずは置き場所を良く決めてから購入するようにした方がいいですよ。

蓄熱暖房機はメリットも多くありますが、
デメリットもあるのできちんと理解してから買うようにしてくださいね。



posted by 暖房 at | 蓄熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。