低温やけどに薬は必要無い?


みなさんは火傷した時どんな対処をしていますか?
一般的な火傷であれば冷たい水である程度冷やした後に
アロエや軟膏などの塗りをつけている人が多いと思います。
では、低温やけどの場合でもこれは有効だと思いますか?

低温やけどは普通の火傷よりも厄介なものなので少しばかり気を付けないといけません。
火傷をしたら冷たい水で冷やすことは低温やけどでも有効とされています。
しかし、塗りを塗るのはあまり良くないとされているので注意しましょう。

低温やけどは普通の火傷とはちょっと違うものなので
市販の火傷薬は使ったとしても効果は期待できませんし
もしかしたら悪化してしまったりすることもあるので使わない方がいいです。

続きを読む
posted by 暖房 at | 冬は低温やけどに注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低温やけどの水ぶくれは潰してもいい?


ついうっかり低温やけどをしてしまったという人は多くいると思います。
特に低温やけどができやすいのは湯たんぽなのですが、
この時に水ぶくれが出来てしまったという経験がある人も多いと思いますが、
もし低温やけどで水ぶくれが出来てしまった時はどんな対処の仕方をすればいいのでしょうか?

低温やけどで水ぶくれができるというのは少しばかり症状が重いものになるようです。
もしまだ潰したり潰れてしまっていないのでしたら
そのまま潰さないようにしてください。

放置しておくと黒くなったりして硬くなってくるので
その時に剥がす、もしくは勝手に剥がれるようになります。
水ぶくれは潰してしまうとそこから雑菌が入り込み
膿が出てしまったりするので絶対に潰したり剥がしたりしないようにしてください。

続きを読む
posted by 暖房 at | 冬は低温やけどに注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低温やけどの主な症状


ストーブやファンヒーター、湯たんぽなどいろいろなもので低温やけどをしてしまうことがあります。
普通の火傷と比べて厄介なものですので低温やけどをした時は
より念入りに、素早く処置をしなければならないのですが、
低温やけどしたことが無い人にとっては火傷とどう違うのか疑問に思うと思います。

低温やけどの症状は主に皮膚の色が変わったり赤みが出たり、痛みが感じにくくなると言ったものです。
皮膚の色は最初白色をしていて、それから白灰色、最後に黄色といったように徐々に変化していき、
中には黒くなってしまう人もいるようです。

続きを読む
posted by 暖房 at | 冬は低温やけどに注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低温やけどの処置の仕方


よく火傷をした時はすぐに冷たい水につけた方がいいと言いますよね。
昔から言われていることですし、実際にそうした方が悪化したりすることがなくなるので
火傷した時は必ず冷たい水につけるようにしているかと思います。
では、低温やけどをした時はどんな処置をすればいいのでしょうか?

低温やけどはどうしても言葉の響きから火傷に比べると症状は軽いと思ってしまいます。
ですが、実際は火傷よりも厄介なものですので、
どちらかと言えば低温やけどの方が注意すべきでしょう。

処置の仕方ですが、低温やけどであったとしても処置の仕方は変わらないようです。
あっと思ったらすぐに冷たい水につけるようにしたり、
氷を当てて患部を冷やすようにすることが大切です。

続きを読む
posted by 暖房 at | 冬は低温やけどに注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低温やけどの跡は消せる?


暖房器具はとっても便利で使いやすく、冬でも家の中を暖かくしてくれるから
必ず使っているという人が多いのではないでしょうか。
いつでもポカポカにできるから重宝しているかと思いますが、
暖房器具によっては注意して使わないと低温やけどをしてしまう恐れがあります。

暖房器具で低温やけどをしてしまった人はかなり多くいます。
低温やけどをしてしまうとが残ってしまったりすることもあるので
かなり厄介ですが、もし低温やけどしてしまいも残ってしまったとしたら
もう元通りにすることはできないのでしょうか?

続きを読む
posted by 暖房 at | 冬は低温やけどに注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。